12.26キックオフ集会のお知らせ
0

     

    「おやまだ春樹元気な古都会」(小山田春樹後援会)12.26キックオフ集会のお知らせです。
    私を支援してくださっているみなさんに、活動のご報告と市政改革の決意、政策の発表を行うための集いを開催いたします。年末の慌ただしい時期の集いとなり誠に恐縮でございますが、知人、友人、ご近所の方などをお誘い合わせの上、是非、ご出席いただきますようお願い申し上げます。心からお待ちしております。

     

     小山田春樹(立憲民主党右京区市政対策委員)

     

    🔷日時 12月26日(水)18時30分〜20時30分 (18時15分受付開始)

     

    🔷会場 中京いきいき市民活動センター 3階会議室4
      アクセス:嵐電「西大路三条」下車、西大路三条交差点を東へ2筋、北へ50m西側
    阪急「西院」下車、西大路通りを北へ、三条通りを東へ2筋、北へ50m
    地下鉄東西線「西大路御池」下車、西大路御池交差点を南へ2筋、東へ2筋、南へ10m西側

     

    🔷お問い合わせ先 小山田春樹事務所
    075-406-1671 携帯 080-4821-8199
    〒616-8164 京都市右京区太秦桂木町13−1 酒井ビル1F

     

     

    ☆中京いきいき市民活動センターの地図

     

     

    JUGEMテーマ:お知らせ

    カテゴリ:お知らせ | 12:27 | comments(0) | - |
    ホームページをリニューアルしました!
    1

     こんにちは、小山田春樹です。秋も深まり嵯峨野嵐山地区は紅葉の最盛期です。 さて、私の公式ホームページをリニューアルしました。今までは必要最小限の情報しか載っていない簡素なものでしたが、自己紹介、政策、活動報告(ブログ)、リンク、問い合わせフォームなどをメニューから選べるようにしました。これから、画像データなどを加えて楽しいページを作っていこうと思います。

     

    西院北井御料町の公園で撮影

     

    JUGEMテーマ:お知らせ

    カテゴリ:お知らせ | 16:22 | comments(0) | - |
    立憲民主党京都府連結成大会開かれる
    1

     18日午後、京都市内で立憲民主党京都府連の結成大会が開かれ、「京都においてもボトムアップの春、そして立憲の夏へ向けての前進」との活動方針案が示されました。立憲バートーナーズのみなさんをはじめ250名の参加があり、福山哲郎立憲民主党幹事長(参院議員)の挨拶、門川大作京都市長、西脇隆俊京都府知事、連合京都など来賓のご祝詞に続いて、統一地方選挙予定候補者の決意表明がありました。私も京都市議選予定候補者として決意表明をさせていただきました。また、山本和嘉子衆院議員が京都5区の総支部長に就任することが発表され、決意表明と記者会見などが行われました。

     立憲民主党京都府連は、市民のみなさんと共にまっとうな政治を京都から作る地道な活動を展開して参ります。私も立憲民主党公認京都市会予定候補者として、よりいっそう奮闘していく決意です。

     

    挨拶する福山哲郎幹事長・参議院議員(京都府連会長)

    決意を述べる田中けんじ京都府議会議員(京都府連幹事長)

    決意を述べる山本和嘉子衆院議員(中央)と、市議選府議選など統一地方選挙予定候補者

    立憲民主党公認証を手に持つ小山田春樹と福山哲郎幹事長

    がっちり握手をする小山田春樹と福山哲郎幹事長

    カテゴリ:立憲民主主義 | 15:25 | comments(0) | - |
    老舗の店終いに思うこと
    1

     私は、西院の街を毎日歩いています。市政改革の活動、買い物、健康と息抜きのための散歩…。特に阪急西院駅周辺は毎日通ります。最近、ちょっとショックなことがありました。それは、ご贔屓のお店が二軒、相次いで店終いしてしまったのです。

     一つは、西院駅前のパン屋さん、進々堂西院店が9月末で閉店した事です。日本で初めてフランスパンを自作して販売した進々堂は、大正2年(1913年)創業の京都を代表するパン製造販売業者で、12の直営店があります。西院店もその一つで、私は二日に1回このお店でパンを買って帰りました。私のお気に入りは、パンドミという小麦100%の食パンと、あんパン、北山メロンパンなどの菓子パンです。コンパクトな店舗ですが、レジで待たされることもなくスムーズに買い物が出来る点がとても気に入っていました。長年顔なじみの店長さん(2016年秋に退職)が親切で、パンを希望の枚数にカットしてくれるなどアットホームな感じが他の店に無い特徴でした。それが、突如9月末で閉店したのには驚きました。10月1日店の前を通ったら、店が閉まっていて閉店の張り紙がありました。そういえばこの1年、以前に比べてお店が空いているなとは感じていましたが、それにしても京都では志津屋と並ぶ有名店の進々堂が、右京区一の繁華街西院のお店を閉めてしまうとは!京都の街は景気が良くないのでは?と心配になります。

     

     (閉店した進々堂西院店)

     

     そして、もう一つは、西院駅前の文具店が10月末日で閉店した事です。このお店はスーパーの「アイハート」隣のビルの1階にありました。印鑑、計算機、筆記具、レターペーパー、定規、ホッチキス、油絵の筆、絵の具など、文房具はほとんど揃う便利なお店です。優しい女性店員が応対して、いかにも京都やな、いう感じのお店でした。文具店はパン屋さんのようにしょっちゅう行くものではありませんが、必要な物はこの店に行けば買えるという安心感が地元の人間にとって大きな魅力でした。「90年続いたこのお店を閉めるのはほんとうに残念ですが、経営が成り立たないので仕方がないです」とのお店のご主人の言葉が重く心に響きました。

     

    (閉店セールの張り紙が貼られた西院駅前の老舗文具店)

     

     西院駅前にある老舗のパン屋さん、文具店の相次ぐ閉店は、京都市民の暮らしがいっこうに良くなっていないことを示していると思います。コンビニエンスストアで、安い商品がいつでも簡単に買える時代になったという商環境の変化も一因でしょうが、地域経済が冷え込んでいるという深刻な原因を見落としてはならないと思います。パン食は忙しく活動する者には非常に便利でありがたいものですが、ご飯食に比べて食費が増えるのは事実です。ですから、景気が悪くなり貧困層が増えると購買力は減ると思います。パン消費量日本一(2016年統計)の京都で、老舗のパン店が有力な直営店を一つ閉店したことは深刻なニュースです。また、学生の数が日本で三番目に多い文化都市京都の文具店閉店もバッドニュースと言えます。

     巨額のお金をつぎ込んで意識的に円安ドル高へ誘導して「株高」と「景気上昇」を演出してきたアベノミクスですが、儲かっているのは自動車など一部の輸出関連大手企業のみであり、京都をはじめ地方経済は決して豊かになっていません。観光客で賑わっても、京都市民の懐は温まっていないというのが、庶民の実感だと思います。

     商店街が栄え地域経済が栄えることが、今、一番大切な課題です。地域コミュニティ放送局『FM嵯峨野』開局、分煙化推進のための改築補助金制度創設などの地域経済活性化政策をさらに深化させて提言していきます。

     

     

    カテゴリ:地域振興・町興し | 16:35 | comments(0) | - |
    四条大宮で朝の街頭宣伝
    1

     10月29日、朝7時30分から8時30分まで、立憲民主党幹事長の福山哲郎参議院議員、中京区選出の田中けんじ府議会議員、小山田春樹の3人で、四条大宮交差点で街頭演説を行いました。福山議員→田中議員→小山田→福山議員→田中議員→小山田→福山議員。このリレーで、きょうから始まる臨時国会を前に、国政、府政、市政について、立憲民主党の訴えをいたしました。ご静聴、たくさんのご声援ありがとうございました!

     これからも、各所で立憲民主党の街頭宣伝を行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    (写真は、左から、福山哲郎参議院議員、田中けんじ京都府会議員、おやまだ春樹)

     

    カテゴリ:日記 | 15:22 | comments(0) | - |
    | 1/8PAGES | >>